toggle
2015-07-22

研究室の椅子

早稲田大学芸術学校の保坂猛研究室で保坂さんが使う椅子を制作しました。

今回の椅子は保坂さんには内緒で奥様の恵さんからのサプライズプレゼント!

とてもメモリアルなプレゼントで、そんな想いを形に制作したものでした。

研究室の椅子

研究室の椅子ということで、作業椅子としての仕様ですが、ちょっとくつろぐ椅子としても使えるように短い肘掛を付けています。

座面は夏の青空をイメージした空色2色のアクリルテープを編み込んでいます。

座面張り

編み込んだテープの中間の隙間にはウレタンクッションを入れています。ペーパーコードとはまた違う柔らかな座り心地になります。長時間のデスクワークでもなるべく身体に負担のかからない椅子となっています。

アクリルテープは色が豊富なのでカラーコーデが楽しめます。今回は同系の2色ですが違う色で合わせてもアクセントになります。

アクリルテープ座面

前後の脚は末広がりに角度をつけています。見た目の印象も安定してみえますが、構造的にも角度をつけたほうが椅子にかかる荷重の負担を分散できるので壊れにくくなると思います。

前後左右のアクリルテープのかかる貫(横木)を少し曲げて座面にカーブをつけています。見た目にも、実際の重さも軽くすることができました。

研究室の椅子

研究室の椅子

  • サイズ:W510 D530 H830 SH420
  • 主材:ホワイトアッシュ
  • 座面:アクリルテープ
  • 塗装:植物性オイルフィニッシュ
  • 参考価格:お問い合わせください
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です