toggle
2020-06-18

オフィステーブル

オフィスのリノベーションにあわせてオフィステーブルの制作をしました。
クライアントは小学校からの同級生で、私がオーダー家具制作をしているのを知って以前工房まで来てくれてお互いの仕事の話などしましたが今回その流れから制作の運びとなりました。とてもありがたいことです。
ご希望は社員で囲んで仕事ができる大きな耳付テーブルとのこと。なんとなくのイメージを携えて、まずは甲板となる耳付の板探しから。

キハダ テーブル

新潟産のキハダ

耳付の一枚板を探す時は静岡の三島にある谷田木材さんへ。在庫が豊富なので見て回るだけでも時間が掛かりますがとても楽しいひと時。目当てにしていたチェリー材を見つけたのですが、より気になったのがこのキハダ。頭にあったデザインにぴったり使えそうなのでこちらに決定、自分のなかでは。クライアントに金額など相談してGOサインをいただきました。こういった板との出会いは縁あってのもの。よかったです。

耳付テーブル

一本の丸太から製材された甲板

板を何度も並べてみながら長さや幅をちょうどいいところでカットしてこのフォルムの甲板になりました。当初のイメージに近づけたと思います。

テーブルの脚

甲板は矧がずに脚に固定

希望のサイズが幅2400ミリ奥行1200ミリと大きいので、2階のオフィスに搬入することを考えて甲板は矧がずに2枚の板を脚で固定する方法をとりました。板の幅方向の動きを考えても分割の方が無理がないかと。あとはひとりで持てる大きさの限界もあるので。

無垢オフィステーブル

2階のオフィスに搬入組み立て設置

お手伝いいただき甲板もなんとかエレベーターにのせる事ができ、無事搬入組み立て設置完了。オフィスのど真ん中にどかんと設置。一つのテーブルを囲んだワークスペースとなります。

テーブル下配線ボックス

テーブル下に電源タップを置く棚

耳付テーブル

自然なフォルムの耳付テーブル

テーブル下に電源タップなどを置く棚をつけて配線を中央にまとめて、甲板の配線スリットからそれぞれの機材につなげます。

耳付の自然なフォルムが活かされたと思います。

テーブルの脚

邪魔にならない脚の配置

どこにでも座れるようになるべく脚を甲板の中の方に収めることのできるデザインにしました。端の脚を斜めにすることで少しでも脚元スペースを確保しています。見た目もなんとなく軽やか。

奥に見える神棚も設置してきました。商売繁盛お祈りしています!

オフィステーブル

オフィステーブル

  • サイズ:W2400ミリ D1300ミリ H750ミリ
  • 主材:新潟産キハダ 脚:オーク
  • 塗装:プレポリマー・植物性オイルフィニッシュ
  • 参考価格:お問い合わせください
  • 神奈川県藤沢市 株式会社ビルドトラスト
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です