toggle
2020-10-21

アンティーク調洗面室ドア

葉山の洋館の改修工事にともなう洗面室の開きのドアとトイレの引き戸を制作・取り付けしました。

洋館ということもあり、既存の建具にあわせてアンティーク調な仕上げにします。
金物はお客様が探してきたアンティークの金物。ステンドグラスもご自身でお探しに。

アンティーク金物

お客様支給のアンティーク金物

既存の建具はラワン材で濃い目の色の塗装。お客様のご要望で板目よりは柾目のすっきりした印象がお好みという事だったので、少し前に新木場で仕入れた米ヒノキを提案しました。塗装は植物性カラーオイルとウレタンオイルの2種類を提案し、色の濃さを調整しやすいアルコール系顔料と洗面所ということもありウレタンオイルの仕上げに決まりました。

米ヒノキドア

着色前の米ヒノキ引き戸と着色したドア

ステンドグラスと下の鏡板の縁はヒョウタン面をつけてアンティーク調雰囲気増し。

ヒョウタン面

面をつけてアンティーク調に

ステンドグラスが入りアンティーク金物を取り付け、縁を面で飾り濃い色で仕上げるとこんな感じに。着色も刷毛塗りなので色の濃淡もありそれがよりアンティークな雰囲気を引き立ててくれました。

アンティークステンドグラス

ステンドグラスが入るとぐっとアンティーク調に

アンティーク調ドア

向かい合わせの引き戸とドア

アンティーク調洗面室ドア

  • サイズ:W745ミリ H1994ミリ t36
  • 主材:米ヒノキ
  • アンティーク金物・ステンドグラスお客様支給品
  • 塗装:アルコール系顔料着色・ウレタンオイル(オリオ2)仕上げ
  • 参考価格:お問い合わせください
  • 神奈川県三浦郡葉山町
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です