toggle
2020-05-30

舞良戸

洗面家具の扉の制作・取り付けをしました。和風造りなので舞良戸(まいらど)のようなデザインになっています。主材もそれにあわせて栗の木です。

舞良戸

舞良子という横桟を等間隔に細かく入れた板戸を舞良戸といいますが、今回はそこまで大きな建具ではないので横桟が細かく入ってないので舞良戸風な感じです。左3つは開き戸・右の上下は抽斗となってます。シンプルに手掛けは戸の上部にJ型の溝を突いたもので、横桟の流れにあわせたものに。横桟が入るだけで和風な感じに思えるのは、無意識のうちに埋め込まれた感覚によるものなんでしょうか。枠のない板の扉はまた違った雰囲気になるので、お部屋にあわせて提案できます。

既存の家具の扉だけを無垢の扉に取り換えることもできるのでご相談下さい。

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です