toggle
2018-12-28

脚とエッジを塗る

栗財のラウンドテーブル

天板のエッジだけ塗る

前に栗材のスツールの脚だけ黒に塗って座面は植物性オイル仕上げを紹介しましが、今回はラウンドテーブルの脚と天板のエッジの面を取った部分だけを塗りました。

ミルクペイントのマットな仕上がりが無垢の木と相性がよく好みです。汚れが気になる場合はトップコートもできます。少し艶が出る感じです。

オイルの着色は色をつけるというよりは色をしみこませて木目を引き立たせる感じです。ペイントは木の表面に塗料の膜をつけているので色が濃くのるので全く違う雰囲気になります。

無垢材にペイント

脚なら脚部分だけを塗ってポイントにするのが自分的に良いのではと思います。が、今回はトップを残しほとんど塗りました。無垢の自然な雰囲気を一部だけみせる逆パターンもこれはこれでありなんじゃないかと。塗装での表現も面白いものがあります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です