toggle
2018-12-19

腕が痛いのは座面を削るから

椅子の座面
椅子の座面を座りやすいようにカーブを削り出します。とはいえ鉋で最初からやるのは手間がかかるのでグラインダーに専用の刃を付けてザクザクといきます。

ある程度のカーブまで攻めます。一歩間違えると深く傷つけてしまうので注意しながら。楽しい作業です。

椅子の座面

ラインが出たら次に2種類の四方反り鉋で粗削りから、持ち替え仕上げまでいきます。ちゃんと切れる鉋で作業すれば楽しくサクサク。切れない鉋を無理に使い続けるとザクザク、余計に面倒なことに。何事も準備は重要です。

今回は鉋の削り跡を残した仕上げにします。なのでより綺麗な仕上がりを目指します。

腕がやっぱり痛くなる。手首の骨が通常より離れていると以前診断されました。なんだかよくわからないですが、あまり力が出ないというか伝わらないのか。手首のスナップが利かないのはこのためなのかと。何が問題って野球のボールを投げる時にスナップの利いた球が投げれないこと。だから肩を壊したのかと。という前に野球のセンスがないってことで特に問題はありません。仕事にも問題ありません(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です