IWC

家具工房
イデアウッドクラフト

日々の生活を心地よくしてくれる無垢材の家具をつくります 

a shrill voice

2017年1月

1月31日 木のパーテーションと肘掛椅子

早いもので今年も1月が過ぎ去りました。

年始の仕事はどうしても正月のゆったりした日々を引きずりやすいものです。

なので年末の段階で次の制作の木取りをしておくことでスムースなスタートをします。

10年やってきてようやくできるようになりました。

人より時間がかかります…。

今年は時間をうまく使えるように心がけていきます。目標です。

さて今年最初に取り掛かりましたのは木のパーテーションです!

木のパーテーション 

メープルでフレームをつくり、鏡板は色の違うメープルと1枚のウォールナットを使用。

均一な材で仕上げるのもいいですが色の違いで一つの景色を作り出すのも面白いです。

部屋を区切るだけの道具にならず部屋の景色になればいいかなと。

今回は階段室と部屋を区切る為にお客様からオーダーをいただきました。

納品時にお客様から景色のようですねと言われてズバリな感想にとてもうれしかったです。

タモ材の肘掛椅子 

次に紹介するのはタモ材で制作の肘掛椅子です。

前後の脚は内側に2度傾けて、座面も中心から2度傾けています。

木の座面を薄くして軽量化しつつ、座り心地も得られます。

加重に耐える範囲でできる限り薄くして、しなるぐらいの座面にしたいです。

今回は2枚にわけているので、中心で微妙にしなる感じにしています。

ゆったり肘掛椅子 

サイズも少しゆったり座れる大きさで背もたれのトップが座った時に肩下ぐらいにきます。

身体全体を椅子に預ける事ができます。

肘掛は前後の脚に渡しますが、今回は前脚を曲げて肘掛を少し短めにしました。

テーブルでの出入りにすこしでも邪魔にならない為です。

肘かけ椅子

脚を曲げたと書きましたが、2つの部材をかんざしで繋げて角度をつけました。

一本の部材から切り出すと無駄がでてもったいないので。

かんざしが意匠的なアクセントになってくれます。

一脚いかがですか!?

back
page top
Copyright (C) IDEA WOOD CRAFT, All Rights Reserved.