IWC

家具工房
イデアウッドクラフト

日々の生活を心地よくしてくれる無垢材の家具をつくります 

a shrill voice

2015年3月

3月31日 つながる

ようやく携帯がつながるようになりました。
ご迷惑おかけしました。
繋がらなかった分、どしどしおかけください!

3月25日 音信不通

ついにガラケーが壊れました。
画面がバグり初めてから1日後に完全崩壊しました。
さすがに使いすぎですかね。
データの復元は自分ではできそうにもない状態。
バックアップは重要ですよね。
で、今現在携帯がつながらない状態です。
ご迷惑おかけ致します。
連絡はメールでお願い致します。
メールアドレス mail@ideawoodcraft.com
これから地道にアドレスを聞き出さないと。
なかなか困ったものです。


3月18日 座卓のつくり

近頃暖かくなりましたね。ぽかぽかして眠くなります。15分寝ます。
はい起きました。さて時間経ちましたが削ったいちょうも落ち着いてきたので座卓の続きです。
脚は楢にしました。色合い的にも締まると思います。

卵型脚

真円でなく卵型な脚にする理由は、微妙に見る角度によって雰囲気が変わるから。
と言っても座卓なのであまり脚はみえません。
他の理由は木の割れを避けるためだとか、加工中に深く入りすぎたからとか、
色々ありますが臨機応変なものづくりはおもしろいです。

銀杏座卓

構造は極めてシンプル。脚のついた反り止めを送り蟻で甲板にいれたもの。
長手方向に幕板などの邪魔な部材がつかないので使い勝手がいいです。

黒檀の千切り

テーブルエッジは見た目も手触りも柔らかく。
黒檀の千切りが引き締めます。
いちょうは少し柔らかめで傷がなにかとつきやすいので塗装は木固めエースを浸透させる。
無駄に残った表面のウレタンはシンナーでふき取る。
これを繰り返して、最後に表面をオイル・ワックスでコーティングします。

3月5日 銀杏の座卓

花粉症に悩むこの時期、薬でも飲めば楽になるけど、根本的な治療をしたい。
今はそんな根本療法があるらしく2年ぐらいかけてスギ花粉を投与するらしい。
今から動き出せばあと2年でおさらばか。

銀杏座卓

今加工中は杉ではなく銀杏。
幅広な1枚板なので電気カンナを使って平面を出していきます。
削ると銀杏の独特な香りが広がります。
ぎんなんの実が熟したにおいじゃなくてよかった。
花粉症で鼻が詰まって香りどころではないんだけど…。

3月2日 オーダー額縁
寄木額縁
オーダー額縁

オーダー額縁が出来上がりました。
色々な樹種のブロックを継ぎ合せた額を2種類。
厚みが一定のブロックを枠で囲ったものと、
厚みが違うブロックを張り合わせただけのゴツゴツしたもの。

無垢材額縁
サイズオーダー額縁

額が色とりどり主張しているのでマットで余白を大き目にとって飾るのがいいのかと。
やっぱり額には余白が必要なことを実感。

back
page top
Copyright (C) IDEA WOOD CRAFT, All Rights Reserved.