IWC

家具工房イデアウッドクラフト

日々の生活を心地よくしてくれる無垢材の家具をつくります 

a shrill voice

2011年12月

12月31日 もう大晦日
いつしか大晦日ということで時間が経つのは早いものです。 今年の最後のお仕事は以前納めた飲食店のテーブルのメンテナンス。 2年9ヶ月の間毎日毎日使われ続け、そして紫外線を浴びでもしたら こんな風合いになってくるのです。
栗テーブル
お店のテーブルなので想像以上に使い込まれている感じですが 一番のダメージは直射日光による肌荒れみたいなものですかね。 日が当たるものとそうでないものではあきらかな経年変化の差がありました。 ちょっと肌荒れのお手入れ程度にメンテナンスをすることになったわけです。
栗テーブル
どどーんと色白美肌に変身です。カンナでちょいちょい削ればまたもとの姿に戻れます。 これが無垢材の良さで、手を加えていくらでも永く使えるっ!のです。 また年明けから毎日毎日使われて変化していく。3年後どうなっているんでしょうか。 塗装も少しやり方を変えたので楽しみなとこです。

木の器
最後の最後に作っていた小物を塗装して今年のお仕事終了です!
今年もたくさんの方にお世話になりやってこれました。
ありがとうございます。
では良いお年を!
12月26日 のこり も の
今年も残りわずかになってきましたが、ちょうどお仕事もひと段落して工房のお片づけなどしつつ 余りの材を探しては器など作ったりしています。 うちの工房にはロクロがあるわけではないのでひたすら彫って削って彫って彫って…を地道にしてます。 まだストーブに火を入れてないので相当工房は寒いけど、こんな細かい作業でも集中してやってると寒さを忘れ いつしかポカポカ身体が温まってきます。世間の忙しさからかけ離れ一人黙々こんな作業ができるのもありがたいことです。
さっ今年も一年お世話になりましたっ。 といきたいとこなのですが、もひとつ越年仕事がっ。 こんな時しかできない店舗のテーブルのメンテナンス。
さーさーどんとこい!
12月7日 ぽかぽかな
いちょうも絶好調!
絶好調!と言えば新生横浜の監督が………どうなるんですかね???
2種類の額ですが、ぽかぽかさんに納品するもので 以前にも額を納めているので違ったものをと思い、 キハダの厚板をくり貫いたものと4種類の木を合わせたもの、違った趣の額をつくりました!
で、もうひとつはお店の看板、A看板って言われてるもの。 お店のイメージを暖かな暖炉のある家に重ねてつくりました! 字体はぽかぽかさんに書いてもらったものを糸鋸で切り抜きました。 裏面は黒板です。 煙突は一輪挿しになっているのでお花が添えられてよりぽかぽかですかね。 木の小物も置かしてもらっているので是非お立ち寄りを。
back
page top
Copyright (C) IDEA WOOD CRAFT, All Rights Reserved.