IWC

家具工房イデアウッドクラフト

日々の生活を心地よくしてくれる無垢材の家具をつくります 

a shrill voice

2009年12月

12月31日 夫婦箸
結婚祝いにと夫婦箸を頼まれました。今回のお箸は5角形にしています。物を掴むのに使い易い 角度が5角形と言われてますが、市販のものは丸か4角形か8角形がほとんどです。 だから5角形を作ることに何か意味があるような気がしていたのですが、とあるファミレスのお箸が5角形を採用していて なんだか気が抜けた思いがあります。まっ樹脂と木ではまた口当たりがちがうということでフォローしておきます、自分を。 お箸作りは基本に立ち返れる気がします。年内最後の仕事がお箸とはなんともスッキリ終わることができました。
今年1年色々な方にお世話になりIWCとして活動できました。今年の経験を来年につなげていきたいと思います。 ありがとうございました。良いお年を!
12月30日 低座スツール
低座のスツールをヒノキで製作しました。畳の部屋で座るときに 座布団やクッションよりちょっと高さのある椅子ということでオーダーを頂きました。 高さは130mmと低いんで、座った感じが最初はどんなものなのかわかりませんでしたが、 これがあぐらをかいて座るとしっくりきましたね。高さがあると猫背にならず自然と背筋を伸ばして座ることが できるようです。用材はヒノキなので軽いし、柔らかい感触が畳と相性がいいです。構造は角度をつけた蟻組みで末広がりにし、 ケヤキの貫を通しホゾでクサビを打ち込んでいます。
12月8日  しおり
休日の楽しみといえば無駄に歩くブラブラ散歩かゆっくり過ごせるカフェでのランチ! 食後にコーヒーをすすり雑誌を見ながらケーキをつまむ、これ今できる一番の贅沢です。
そんな好きな場所『cafeぽかぽか』さんの4周年のアニバーサリーで配る木のしおりをつくりました。 屋号を焼印で押せればいいんですが本体より高くつくので、焼きゴテで一つ一つ手書きしてみました。もちろん お店の了承を得ての話ですが、出来上がりがかなりの手作業感が満ち溢れてるので心配ではありましたが、 逆に良いって言ってくれたので報われました。
コテでの文字書きが上手くなれば結構味のある表現もできそう! 木によって熱伝導が違うのでコテの当て方を変えると上手く書けるコツもわかったし。
さぁ感謝祭たのしみだぁ。たらふく食べよう!
12月3日  もうですか
今年も残りわずか1ヶ月になりました。1年間という時間が短く感じるのはなぜなのか。 よく言う充実してるからという理由は当てはまるものでもなく、ただ過ぎ去る方があっという間に感じる から逆に怖いもんです。こりゃまずいなと今年も突き進むのです。
さてさて今製作中なのは文机。以前ご兄妹のお子さんに勉強机として同じものを作ったのですが、 下に妹さんが誕生したので新たにもう1つ追加ということで。 3兄妹同じ机で勉強して育つなんてなんともうれしい限りです。この机は脚が取り外しできるので 椅子座タイプの脚にも変更可能なので、お子さんが大きくなった時にまた手を加えることができると 楽しみにしているんです。子供の学習机が捨てられてるのをみると寂しい思いをするので やっぱり長く使えるものを提案します。キャラクターのシールが貼ってあってもカッターのキズがあっても ずっと使い続ける、捨てるに惜しいものであってほしい。そんな願いをこめて作ります。
back
page top
Copyright (C) IDEA WOOD CRAFT, All Rights Reserved.