IWC

家具工房イデアウッドクラフト

日々の生活を心地よくしてくれる無垢材の家具をつくります 

a shrill voice

2008年4月

4月30日 技を盗め!
久々にナラ材を扱っています。削った時の匂いが懐かしく感じるほどに久々です。
画像は板を幅方向につなげる矧ぎの作業です。接着剤をつけてクランプで圧着するのですが 交互にかけて締める力を同じにしないとどちらかに偏り板が反ってしまうことがある。そのかけ具合は 結構微妙で調節をしながら何度かかけ直していた、あの方法を知るまでは…。
あの方法とは、とりあえずかけてしまってから画像のように凸になった面の板とクランプの間にクサビを差し込んで 調節するのです!って知ってて当然な事言ってるかもしれませんが私は知りませんでした、不覚にも。 先月の出稽古で教えてもらい感涙し、さっそくその技を盗み実践しています。
これを知ったおかげで今までの微調整にかける時間があっと言う間ですみます。まだまだ知らない 技が沢山ありそうです。
4月29日 アビットオブ幸せ
昭和の日。昭和懐かしいですね。もうすでに昭和の時代より平成を長く生きていることに年月の経過を感じる。 昭和が終わった日は雨だったのを昨日のように憶えている。友人宅に遊びに行ったこと、勝手口から『○○くんあそぼぉ〜!』 なんて叫んでたあの日。あれから20年目を迎える今日はどこかぶらっとでかけたくなる陽気。そんな陽気に誘われることなく 工房へ。いつもと変わらずにいられる事にありがたみを感じられれば、それだけで十分幸せ。ちょっとの幸せをさがしながら 日々過ごしていきましょ。
あっ、ケヤキのキャッシュトレーはこんな感じです。
4月28日 木工をしたい!
ケヤキのキャッシュトレーを製作。そんな中、突然一人の若い男性が来訪。 話を伺うと木工の仕事を探してるとのこと。飛び込みで職探しする行動力は凄い感心。時と場合により 突然は嫌がられるだろうから自分ではなかなかできなかった。自分が職探し中にある方からやっぱり飛び込みでいく ぐらいの意気込みがなくちゃと言われたこと思い出す。今回自分が受ける立場になってみたら、何か心意気を汲む思いがそこにはある。
自分なりのアドバイスをする事ぐらいしかできなかったが、どこかいい働き口があればと願うばかり。 自分の職探しの時を思い出す。
4月27日 街猫ファイルNo.2
街猫ファイルNo.2
みなとみらいの空き地を独り占め。
警戒してこちらとにらめっこ。
港の猫は優雅に佇む。
4月25日 牛の寝床
集塵機に溜まったオガクズを牛舎に持って行く。このオガクズは産業廃棄物なので一般ゴミとして捨てられない。 1ヶ月でも結構な量がでるし、捨てるにもお金がかかる。それを牛さんの寝床に使ってもらえるのでとても助かります。しかも 牛糞とまぜて堆肥化し肥料として土に返るのでなおさらです。しかしオガクズはなかなか分解されないこともあり 野菜などの肥料としては不向きらしく牛舎でも引き取ってくれないとこが多いらしい。りんごやなしなどの立ち木にはまだ使える みたいですけど。牛さんありがとう!
欲しい方いればご連絡下さい。助かりますんで。
4月23日 文机
夕方になって文机の納品にご近所まで。
この文机は二人のお子さんが字の勉強や、お絵かきなどに使える机をということでご注文頂いたもので、 小学校入学前から自分の机を持たせ、自分の作業の場所を作ってあげたいというご両親の考えをうけてできました。 最初は1800mmの長机を考えていたのですが、後々個々に使えるよう900mmで分けました。並べた時は木目がつながるように 木取っています。 今は床座タイプの方が何かと使い易いということですが、将来的に椅子座でも使えるように脚を変更できる仕様になってます。
お子さんにはガンガン自分仕様にしてもらいたい。ずーっと使ってもらいたい。いつか脚の変更の時にまたあう時は今よりずっと いいモノになってそうで楽しみです。
帰りに、お子さんが一緒に手伝って作ったシフォンケーキを頂きました。うれしいプレゼントに心温まります。 おいしかった!
4月22日 トクサ
今日は夕方前に予定の仕事が終了したので近所を散策してみました。
細い砂利路をブラブラ。2、3本裏の路地をいくと結構個人の畑などあり のんびりとした雰囲気の場所があることに気づく。ここいらは道端に無人の野菜直売所などあり 安く新鮮なものが買えたりする。この前は海老名のイチゴを食べたが物凄く甘くておいしかった。 近くには神戸屋の工場があるからパンも安く買えたり。結構いいですよ。
で、今回の収穫は砥草を発見!このトクサの茎を煮て乾燥させればやすりとして砥ぐことができる。 が、個人の庭らしく勝手に取ることできず退散。
4月21日 トットトトソウ
素地調整を丹念にする。まずは電動サンダーで仕上げる。大きな面をするにはやっぱり時間短縮になるけどそのままでは 機械でできる細かなスクラッチが残ってしまうので表面の確認を兼ね手研磨をする。で、番手を上げて同じ事を繰り返す。
手首の骨と骨の間隔が人より離れていて、弱い手首と診断された最近違和感が拭えないこの手首を駆使します。
お外は暗くなってきたので1回目の塗装をし、一晩じっくり寝かせ熟成させてうまみを出します。一晩寝かせたカレーの原理です。
冗談です。
4月20日 街猫ファイルNo.1
cafeぽかぽか帰りに泉の森周辺を散歩。
泉の森ではカメラ本体よりもデカい望遠レンズを構えた人だかりがいる。 カワセミが目当てらしい。ちょいと動作を起こす仕草をみせるとシャッター音が鳴り響く。えらいことになってますよ。 我がデジカメでは到底撮影は無理なのであきらめましたが、途中絶好の撮影対象が!
猫ファイルNo.1
かゆがり猫。地面にスリスリ、寄ってきてはスリスリ。至福の細目!
4月19日 脚回り
現在1:14、レゲミドリを聴きながら更新中。
脚回りはガッチリ組んで上部は2枚ホゾ小根付き。小根を付けることによって振れに対する強度を増す効果がある。 フラフラな自分にも小根が欲しいぐらいです。
今回はノックダウン式なので長手には通しホゾにクサビを差して締めを利かしています。 工房初の仕事で井戸枠を作った時にもやった仕口。やっぱりクサビはポイントなので黒檀とパッドックの2種類で。男の子用、女の子用なので 黒と赤。ランドセル方式です。古い考え方ですかねぇ、今やランドセルもカラフルだし。
明日はカラフルなスニーカーでも履いてお散歩でもしましょうかね。
4月18日 クズボール
叛逆の唄を聴きながら更新中。最近じっくり音楽を聴くことがなく、ラジオから流れるものを聞き流す程度。 たまに好みの曲が流れると気分が上がりユラユラ心が躍って作業します。カンナがけの時などは一心不乱になるので 耳に入りもしない。そんな時はカンナの仕上がりが良い時。
木端を削るのに待ってましたとあのバイスを使う。カンナ屑が空を舞うほどに薄く!なんてことはなく 散らかる屑を見て何を思ったかまとめてボール状にした。何をしたかったのか自分の行動を今になって不思議に思う。 疲れですかねぇ。そんな時は明日に備えてただ眠る眠る…。おそまつ。
4月16日 ネルネルネールネ
甲板の板矧ぎは2液混合の水性ビニールボンド(鹿印ピーアイボンド)を使用してるのですが、主剤と硬化剤の配合の割合が決まっているので 使用量を予想して混ぜ合わせるのですが、少なすぎても後から作る時間の余裕がない(硬化が早いから)ので多めにつくるのです。が、無駄になる 事が嫌なので、今回は今までの経験を基に勝負に出てみました。結果はドンピシャの無駄ゼロにできました!こんなことに喜ぶような一日って どれだけ幸せか否か…。
4月15日 一輪の
ここのところの微妙な天気の移り変わりに、体調が優れない今日この頃。日曜のあの寒空のなか ハマスタに野球を観戦しに行き、おきまりのビールを寒いなか飲んで、終盤は身体の寒さも試合の寒さも身に堪える有様。 帰りに温まろうと、とんこつラーメンを食べ胃がモタれる有様。脂っこいものにめっぽう弱くなった30歳です。 そんな雰囲気を引きずるなか、工房前に一輪のチューリップ。なんだか浄化された気分に。その気分で次の仕事に 参りましょう!と。
4月12日 万能
機械の整備をしておく。木工万能機と言って手押し鉋盤と自動鉋盤がもれなく2つついてくるお徳なような 感じだけど、大きいサイズを削るには物足りない小は大を兼ねない当たり前の性能。刃物を取り付ける軸が同じ事もあり 常に両方が回転するのでちょっと怖い。刃物のセッティングに使う冶具がついていたけど、まったくもって精密には取り付けられない。 なのでコツコツ調節する。これが少しでも狂うと思うように削れない。中古だからやっぱり癖があるみたい。人間でも機械でも それぞれ個性があるものなんだと。愛着わきますよ。
4月11日 いい塩梅に
ケヤキの飾り小箱ができました。素地調整した木地にオイルを塗ると鮮やかな色になる。ケヤキのこの瞬間がたまらない。 背板もケヤキで考えていたけど、より明るくする為にメープルにしてみました。引き手は黒檀でアクセント。 飾るものに合わせたサイズで製作できますのでご相談ください!
なんだかポカポカ陽気になったと思いきや、また寒さが戻るなどこの時期はあなどれないので 体調管理に気をつけないとね。家に帰ったらまず緑茶を飲むようにしてます。カテキンで殺菌。 殺菌し過ぎると有用菌まで殺してしまうらしいので、適度にですが。なんでもいい塩梅にです。
4月10日 木工教室
今日は月2回の木工教室のお手伝い。もうかれこれ4年ぐらいになるのかな。教えるという立場にありながら 自分が教わる事のほうが多く為になるこの時間。木工に限らず色々な話が聞けるのもうれしい。 教室の皆さんは短い時間集中して、パッと作り上げる。画像のようなスプーンであったりヘラなど とっても素敵なラインをつくり出す。本当の木工の楽しさがここにはあるような。初心を取り戻す。リフレッシュ!
4月9日 凸デコ凹ボコ
最近珍しく更新が続きますが、特に毎日更新を目標にしてるわけでもなく、 でもしないとなんだか落ち着かなくもある状態です。 まぁ〜たいした事書いてないので、独り言をささやいてる程度の軽さで自己満足してます。
今回の蟻組みは凸凹に残してみました。削るのが普通ですが、なんとなく雰囲気が変わるかなぁ〜と試した 次第です。
これの利点は…デザイン的な…というほどでもないし、モノが引っ掛けられる…でもないし、ゴツゴツ感が手に気持ちいい… なんて、まぁ〜雰囲気ですか、やはり。おそまつ。
4月8日 五感で感じる
やヴァい暴風雨!工房入り口付近はいつものように水が滴る。どげんかせんといかんです。 やっぱり庇は必要みたい。色々手を加えたいとこはあるが、いつも改装妄想にふけ実現せず。
でと、ケヤキで小箱製作。蟻加工、溝加工を済ませカンナで仕上げる…その前に水引き。 部材に軽く水を含ませ、凹みやキズを戻す作業。
ケヤキの濡れ色の赤褐色はいいですね。 削った時の独特なにおいも。木を触って木のコトバを聞く。木を五感で感じる。
味はどうしようか、舐めるのもなぁ。
4月7日 木のソーサー
半端な材料がどうしても出てしまう。うまく木取りして無駄をなくす努力はしてるのだが…。 とはいえ無駄な材などなく小さなモノでも何かに使えると捨てない貧乏性なわたし。
今回は木のソーサーを作ってみました。お茶の時に甘いものをちょっと食べたいので、一緒に載せられるようにしたモノです。
ふふ、お茶の時間が楽しみ。
4月6日 ぽかぽか
最近の休日はカフェランチをするのが楽しみ。仕事の時のお昼はおにぎりにサラダが定番なので、休みぐらいちょっと 贅沢をしたくなるんです。今回は『cafeぽかぽか』に潜入。お店の雰囲気がいいのはもちろん、ご飯もデザートもおいしい。 陶器もすべてオシャレで欲しくなるほど。雑誌も好みのものが多く、ゆっくりまったりできる。まさにぽかぽかの居場所なんです。 いいとこ見つけた!
4月4日 豊かな生活
デスクと肘掛け椅子。
この時期になると入学の話題をよく耳にします。 小学生になって自分の勉強机を手に入れる。まさに小さな基地みたいなものですよ! どれだけうれしかったか。シールを貼ったり、どこに何を入れるかで結構悩んだり。 そんないわゆる学習机。
それが捨てられてるのを見るのもこんな時期。一時のモノで囲まれる生活より ずーと共にしてきたモノに囲まれての生活。そんな生活スタイルのほうがずーっと豊かだなと…。
4月3日 早速バイス
幅広の板の木端面を削る時に安定して押さえて置くのに、木工バイスなる万力を使うと楽なんだがいいモノは結構な値段する ので買うのをためらい続けて今にいたるのですが、今回出稽古先でいいモノを発見!クサビで押さえつける簡単なモノだけど 、厚さにも対応できるわけで便利。クサビってとこが木工らしくていい。で、早速こしらえて、焼印まで押しちゃいました。 ちょっとしたモノだけど、どうすれば便利になるかという追求から生まれるこういった道具は、まさに道具らしく 好きですねぇ。
4月2日 ゴコチはソレゾレ
随分寝かせていた椅子を組んでみた。今回はメープル材で左。右は前回のタモ材。微妙に笠木の傾き高さ形状や肘掛の位置、座面の幅を変えた。 見た目ではわからない。でも座りゴコチは違う。好みで選んでもらえればと。
4月1日 Re-Re-start
出稽古も無事終わり、新たな気持ちで4月を迎え、さぁーまた一歩前に踏み出そうと意気込む。サクラもミツマタも勢いよく咲き 色鮮やか。春だなぁ〜、深謀遠慮がんばりましょ!
back
page top
Copyright (C) IDEA WOOD CRAFT, All Rights Reserved.